きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

ハサミで切り落とす「ユリ泥棒」確保の瞬間 防犯カメラに… なぜ盗む? 問いに男は「きれいだから」

事件・事故 友だち追加

 仏壇に供えたい、と大切に育てていたユリの花を盗もうとした男を、被害者の男性が確保。

 その一部始終を防犯カメラが捉えていました。

 札幌市中央区の歩道。自転車にまたがり花壇に接近した男が、かごからハサミを取り出して手早くユリを切り落とし、立ち去ろうとします。

 しかし、近くにいた所有者の男性が行く手を阻み、男を取り押さえました。

 被害にあった男性:「あなたはユリしか見えないのか」
 
 確保された男:「ユリしか見えない」
 
 被害にあった男性:「(盗んだ男は)"きれいだから"と言っていた。怒りよりも悲しい、そういう人がいることが」

 ユリの花を切られる被害は今回が初めてではありません。 

 男性は仏壇に供えるため毎年ユリを育ててきましたが、2年前から持ち去られる被害が相次いでいました。 

 7月初めにも被害を受け、防犯カメラの映像を確認すると犯行前にある行動が。

 被害にあった男性:「犯行に及ぶ前に必ず下見に来ている」

 その後も男が2度下見に来たことから、男性が警戒していたところ男が現れたということです。 

 警察は、窃盗事件として男から事情を聴くなど捜査を進めています。

  • みんテレ