きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

遊覧船近くで約20分も…潮吹き泳ぐ"マッコウクジラ"現る シャチ100頭に続く圧巻の光景 羅臼沖

友だち追加

 根室海峡でマッコウクジラが遊覧船に近づき、20分ほど潮を吹き泳ぐ姿がとらえられました。


 観光遊覧船に近づき、潮を吹くマッコウクジラ。

 これは7月18日の午前10時過ぎ、根室海峡の羅臼沖の映像です。このマッコウクジラは、体長約16メートルのオスと見られています。

 この様子を実際に見た専門家は…

 東京農業大学 生物産業学部 小林 駿 博士研究員:「自分から船に近づいてきて20分くらい船のそばにいて、船をうかがうように頭を出したりする行動が観察された。10年くらい根室海峡で調査をしているがあれだけ長い時間、船の周りに留まり船の様子をうかがう様な映像は珍しい」

6月には100頭のシャチの群れが

 根室海峡では2021年6月、スーパーポッドと呼ばれる100頭を超えるシャチの大群が見られたばかりです。

 現在は、クジラが見られる季節で、根室沖のホエールウォッチングは10月中旬まで続きます。

  • みんテレ