きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

帯広駅前のホテルを"サ高住"に業態変更…アフターコロナ見据え「収支改善につながると判断」JR北海道

道内経済 友だち追加

JRイン帯広 (C)Google

 JR北海道は7月14日、アフターコロナを見据え、帯広市のJR帯広駅付近のホテル「JRイン帯広」を"サービス付き高齢者向け住宅"に業態変更することを発表しました。

 「JRイン帯広」は、帯広市のJR帯広駅前にある"宿泊特化型ホテル"で、2011年6月16日に開業しました。

 建物は2000年1月開業の「ホテルヒーロー」をJR北海道が取得して改装したもので、築年数は21年。今後、建物・設備の維持更新が必要となるなか、「アフターコロナ」を見据えて中長期的に安定した需要を見込める"サービス付き高齢者向け住宅"に業態変更するとしました。

 同社が手がけるサ高住は6棟目で、札幌市に4棟、小樽市に1棟ありますが、札幌圏以外では初めてです。

 改装後は「ブランJR帯広駅前(仮称)」とし、現在137室ある客室の2部屋を1つにするなどして49戸に改装します。

 食堂や共同浴場はすでにあるため、客室のみの改装で済むという利点があるということです。

JR北海道の会見(2021年7月14日)

 「JRイン帯広」は11月30日で閉館し、改装を行ったあと、2022年秋ごろに入居を開始する予定です。

 改装の事業費は6億5000万円で、「サービス付き高齢者向け住宅整備事業」の補助金、9500万円も活用するとしています。

 同社の島田修社長は会見で「帯広駅周辺はインタイプ(低価格帯)のホテルが密集していて、閑散期は過当競争になっているのが現実。サ高住にする場合とホテルを改装の上営業するのとでは、サ高住の方がより収支改善につながると判断した」と話しました。

  • みんテレ