きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

営業時間1時間延長 “まん延防止等重点措置”解除も「時短要請」継続…初日のススキノは

社会 道内経済 友だち追加

 約3週間続いた、北海道の"まん延防止等重点措置"が、7月12日に解除されました。

 繁華街の人出は戻ったのでしょうか?

 解除後も時短要請が続く札幌市中央区の繁華街「ススキノ」と、時間の規制がなくなった北海道小樽市の、解除初日の夜を追いました。

 札幌市の担当者:「まん延防止等重点措置は終了したんですけども、7月12日から25日まで『夏の再拡大防止特別対策』となっていますので、引き続きご協力お願いします」

 野暮天 高橋 憲理 店長:「しっかり守りながら感染対策やっていきますので、よろしくお願いします」

 札幌市では、「まん延防止等重点措置」の解除後も、7月25日まで飲食店への時短要請が行われます。

 酒類の提供は午後8時まで、営業時間は午後9時までと、今までより1時間延長されました。

 居酒屋「野暮天」は6月21日に約1か月ぶりに営業を再開し、時短要請に応じてきました。

 野暮天 高橋 憲理 店長:「1時間のびたことは安心でうれしい。『ラストオーダーまであと5分』と言ったら帰る客もいた。その客をとりこめる部分はかなり大きい」

「1時間延長」で戻ってくる客の姿も

 午後7時30分過ぎに来店した客:「1時間は大きいですね。一人暮らしなので、自炊も仕事終わりは面倒で」

 閉店時刻の午後9時。営業時間は4時間です。

 野暮天 高橋 憲理 店長:「来店客は4組15人ぐらい。午後8時までの営業より1時間のびたことによって、1組あたりの客単価が増えているのは確かです」

 多くの店が閉店したあと、札幌市中央区の「大通公園」では、いわゆる「路上飲み」をする人の姿も。

「路上飲み」をする人の姿も

 路上飲みをする人:「(午後9時に飲食店が終わるのは)悲しいし満足感がない。時間が足りない。時間を気にせず飲めるのは、公園の特権」

 一方、小樽市内の飲食店では感染対策を行った上での、酒類の提供や営業時間に制限がなくなりました。

  • みんテレ