きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【速報】札幌市 30人超見通し…8日連続での前週以上"デルタ株"確認も続く「まん延防止措置」最終日

社会 友だち追加

UHB 北海道文化放送

 札幌市で7月11日、新型コロナウイルスの新たな感染者が30人を超える見通しであることがわかりました。

 50人を下回るのは22日連続ですが、前週の21人を上回る見通しです。「まん延防止等重点措置」の最終日を迎え、8日連続で前週の同じ曜日の人数以上になり、増加傾向が続いています。

 札幌市では7月10日、新たなクラスターは確認されていません。

 感染力が強いとされるインド型の変異ウイルス(デルタ株)は10日新たに4人の感染疑いが確認され、1人の感染が初めて確定しました。

 北海道発表分でも4人確認され、北海道内では「感染」と「感染疑い」計31人となりました。

 札幌市の使用病床数は7月9日時点ですぐに対応できる543床中80床で、約15%まで下がりましたが、病院以外の宿泊施設や自宅で療養・待機している人も7月10日時点で226人と前日から31人、3日連続で増加しました。

 北海道全体の感染者数は減少に歯止めがかかっていて、7月10日は7日連続で前週の同じ曜日を上回っています。10日は死者は確認されていません。

 感染経路不明の割合は10日までの1週間で51.3%と、北海道独自の警戒ステージ4の指標50%を超え、札幌市は8日時点62.6%で超えています。

 65歳以上の高齢者を対象にした集団接種の受け付けはファイザー社製の供給不足で2会場で停止。モデルナ社製を使用する札幌コンベンションセンター(白石区)と、北海道が設置するホテルエミシア札幌(厚別区)は7日から受け付けています。

 札幌市は市立札幌病院での個別接種の新規予約や、医療機関での基礎疾患のある18~64歳の新規予約も停止しています。

 札幌市受け付け分の残りは10日午後6時時点でインターネット3175人分、電話48人分です。

 北海道受け付け分の7月10日~16日分は、9日午前9時時点で予約率61.8%となっています。

 札幌市の秋元市長は、17日開設の「つどーむ」(東区)での集団接種会場は、初めて夜間の接種にも対応すること、24日から土日のみ各区民センターを中心に集団接種会場を設置することも明らかにしました。

 政府は「緊急事態宣言」を東京都に4度目の発令、沖縄県を延長し、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府の「まん延防止等重点措置」を延長。北海道、愛知県、京都府、兵庫県、福岡県は11日で解除することを決定しました。

 北海道は12日以降、札幌市の飲食店には7月25日まで営業時間を午後9時とする時短要請を決め、札幌と他の地域の不要不急の往来自粛などを呼びかけています。


【6月15日以降の北海道の新規感染者数(札幌市分)】
 6月15日: 86(55):死者過去2番目18人(全国最多)
 6月16日: 88(56)
 6月17日: 73(44):21日からまん延防止等重点措置適用決定
 6月18日: 76(54)
 6月19日: 73(55)
 6月20日: 52(38):緊急事態宣言最終日
 6月21日: 37(28):まん延防止等重点措置 適用開始
 6月22日: 29(23):死者12人(全国最多)
 6月23日: 49(40):死者11人(全国2番目)
 6月24日: 26(20):死者4人(全国2番目並ぶ)
 6月25日: 33(22)
 6月26日: 46(35):死者5人(全国2番目並ぶ)
 6月27日: 28(17):死者3人(全国最多)
 6月28日: 27(20)
 6月29日: 22(15):感染者6月最少、死者5人(全国2番目並ぶ)
 6月30日: 37(26)
 7月 1日: 39(24):39日ぶりに前週から増加
 7月 2日: 26(18)
 7月 3日: 30(19)
 7月 4日: 39(21):3日ぶりに前週から増加
 7月 5日: 28(20):2日連続前週から増加
 7月 6日: 34(17):3日連続前週から増加
 7月 7日: 67(33):4日連続前週から増加(緊急事態宣言解除後最多に)
 7月 8日: 59(38):5日連続前週から増加
 7月 9日: 49(26):6日連続前週から増加
 7月10日: 64(44):緊急事態宣言解除後で最多

  • みんテレ