きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

東京五輪 札幌市でのサッカーは「観客あり」“上限1万人”に市民の8割超「無観客ですべき」 専門家は?

社会 道内経済 友だち追加

 2週間後に迫った東京五輪。1都3県では「無観客」となりましたが、札幌市で行われるサッカー予選は観客を入れることが決まりました。札幌市民の反応は…

 大会組織委の会見:「北海道、宮城県、福島県、茨城県、静岡県の会場は、収容定員の50%以内で、1万人という上限で有観客で開催となりました」

 札幌市豊平区の「札幌ドーム」で行われる東京五輪のサッカーは、観客を最大1万人入れることが決まりました。

 ただし、試合終了が午後9時以降となる場合は、引き続き検討するとしています。

 これに対して札幌市民は…。

 札幌市民:「観客を入れた方がいい。一生に1回か2回あるようなものだから」

 札幌市民:「無観客の方がいい。人の往来があると、札幌市でも感染が増える」

 札幌市民:「チケットが3枚あたったの、家族の分ね。見たいという気持ちはある。なかなか五輪は来ないので」

 札幌市民:「近所の住民としては、感染防止を考えると無観客の方がありがたい」

札幌ドームでも「無観客」を求める声が多くなった

 「東京五輪サッカー 札幌ドームの観客はどうすべき?」。SNSを使ってアンケートを取りました。

 82.7%が「無観客」で、「観客を入れるべき」は17.3%でした。

 この結果について北海道医療大学の塚本容子教授は、「(今も観客を入れている)野球は地元客が多いですが、札幌ドームでのサッカーの場合は、約23%は道外からの人たちがチケットを持っているようです。5000人が来ることを考えるとできれば無観客が望ましいですが、すでに(有観客が)決まってしまったので、(有観客に)どう対応したらいいのかということを考えていかなければならない。例えば(来場者に事前に)PCR検査をしてもらって、陰性証明を求めるなど対策をとらないと、5月のゴールデンウイーク後に大勢の感染者が出て死者も出たことを考えると、このまま黙ってていいのかと思うところはあります」としています。

  • みんテレ