きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

妊娠相談件数"7322件"…コロナ禍で増加"予期せぬ妊娠"…"性教育"の必要訴える女子大生 北海道

くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 コロナ禍で少女たちの居場所が無くなり、SNSを通じて出会った男性の子どもを妊娠することが増えています。

 子どもたちが傷つくことがないように、性教育の改善を訴える大学生を取材しました。

 札幌の10代後半の少女です。

 SNSで出会った男性の子どもを妊娠しました。

 コロナ禍でステイホームが求められていましたが、家族との関係が悪く、家にいることができませんでした。

 厚労省によると、2020年3~9月の妊娠に関する相談件数は7322件と前年同期に比べ425件増えるなど、予期せぬ妊娠をする女性は増えています。

コロナ禍で"妊娠"に関する相談が増えている

 そうした中、性に関する科学的に正しい知識をもってほしいと活動する大学生がいます。

 性教育学生団体 Palette 宮坂 舞花さん:「沈黙の返事や、曖昧な返事はイエスじゃありません」

 性教育の重要性を訴えるのは、北海道教育大学旭川校の学生、宮坂舞花さん(23)。

性教育の重要性を訴える大学生宮坂舞花さん(23)

 この日は、宮坂さんが立ち上げた性教育学生団体「パレット」のメンバーと共に、新入生に向け、避妊具や性教育のパンフレットなどを配りました。 

 特に、性的な行為の前に相手から明確な了解を得る「性的同意」の大切さを知ってもらいたいと考えていました。

 性教育学生団体 Palette 宮坂 舞花さん:「自分の身を守る、自分の大切な人を傷つけないための知識や、具体的な方法を伝えたくて(この)キット配りをはじめました」

避妊具や性教育のパンフレットを配布

 また、将来自分が教員になった際、正しい性の知識をもって子どもたちに接してほしいと感じています。

 性教育学生団体 Palette 宮坂 舞花さん:「きちんとした知識を大人側が持っていないと、子どもたちに正しい知識を伴って接することもできないし、子どもたちに正しい知識も伝えられない」

 活動のきっかけは2020年。留学先のノルウェーでの経験でした。

 性教育学生団体 Palette 宮坂 舞花さん:「自分が受けてきた性教育や知識や価値観が、周りの学生たちと全然違うなと。すごく自分とのギャップを感じましたし、彼らは自分が選びとれる避妊法をいくつも知っているし、ライフスタイルや性格に合わせて選び取れている」

  • みんテレ