きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

NOW O.A
11:20 ガイド
MENU CLOSE
検索

札幌は高級住宅街が危険? 他人事でない 北海道も過去に"歴史的"土砂災害…"雨がやんでから"も警戒を

社会 友だち追加

 7月3日、静岡県熱海市で発生した大規模な土石流。5日午後6時までに4人の死亡が確認され、現在も懸命の捜索が続いています。

 7月3日午前10時30分ごろ、静岡県熱海市で発生した大規模な土石流。真っ黒な土砂が勢いよく流れ落ち、家をも巻き込んで行きます。

 家屋約130棟が被害に遭い、これまでに4人の死亡が確認されました。また、現在も多数の安否不明者がいて熱海市が住民基本台帳をもとに確認を急いでいます。

 熱海市では、7月1日から3日24時までの72時間降水量が411.5ミリに達し、7月1ヶ月分の平年雨量の約1.7倍の雨が降りました。

 また、土石流が発生した地域は土砂災害危険箇所に指定されている場所でした。

2014年9月、北海道に初めて土砂災害警戒特別警報が発令された

 こうした土砂災害は北海道でも起こり得るのでしょうか?

 北海道は雪には強いですが、雨風にはぜい弱といわれています。少しの雨でも災害につながる可能性があるので、これを機に見直しが必要です。

 過去には2014年9月、初めて北海道に土砂災害特別警報が発令された豪雨では、札幌と支笏湖を結ぶ国道453号線の10か所以上で土砂崩れ、土石流が発生しました。回復までに28日間を要しました。

1981年9月の「56水害」では3人が死亡した

 1981年8月、いわゆる「56水害」といわれる災害では、冠水のイメージがある人が多いかもしれませんが、土砂崩れも発生しました。

 歴史に残る大災害は、石狩川流域で3日間、雨が降り続いた後、台風15号が上陸しました。

 豊平川上流などで大規模な土石流が発生。この56水害で、北海道では3人が死亡、3000戸の家屋に被害がありました。

札幌市内の10区のうち7区が警戒区域として指定されている

 北海道、なかでも札幌では、どういった地域が危険なんでしょうか?

 ハザードマップの「土砂災害警戒区域情報」では、札幌市内の10区のうち7区が警戒区域として指定されています。

 札幌市中央区で146か所
 厚別区 13か所
 豊平区 34か所
 清田区 23か所
 南区  558か所
 西区  93か所
 手稲区 47か所あります。

 札幌市は山や沢が多く、宅地造成が進んでいます。この約3年間で、警戒区域が約300か所も増えています。札幌においては、開発が進むにつれて災害リスクが増しているともいえます。

  • みんテレ