きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

すでに死傷者8人…相次ぐクマ被害 1964年と並ぶ"過去最多"か 専門家「町づくりの構造の工夫」指摘

事件・事故 社会 友だち追加

 過去最多に迫る深刻な状況です。

 北海道南部の福島町で7月2日に遺体が見つかった事故で、クマの被害と確認された場合には、北海道内の2021年の死傷者は8人となります。

 私たちはクマにどう備えれば良いのでしょうか?

 林を歩く2頭のクマ…。6月中旬、札幌市西区の山林で撮影された動画です。

 手稲山の登山道が近く、散歩客も多い場所で警戒が強まっています。

 そして稚内市でも7月4日、海岸や道路を移動するクマの目撃が相次ぎ、ハンターが出動し駆除する事態となりました。

 防災無線:「クマが出没しました」

稚内市でもクマの目撃情報

 さらに7月2日には北海道南部の福島町で性別不明の遺体が見つかりました。クマに襲われた可能性が高く、遺体は畑作業に出ていた近くに住む70代の女性とみられています。

畑作業中にクマに襲われたか…

 付近の住民:「前から(クマが)いるという話はあるが、こういう騒ぎは初めて」

 付近の住民:「駆除してもらいたい」

 現場は住宅に近く、危機感が高まっています。

 水上 孝一郎 記者:「事故を受け、現場ではクマが身を隠す場所をなくそうと、草刈りが行われています」

見通しをよくするための「草刈り」も

 付近の住民:「きたか…という感じ。見通しをよくするために草刈りをしている。仕事をしている場合じゃない」

 福島町では7月5日、専門家による現地調査が始まり、クマの駆除を含めて今後の対応を検討しています。

 北海道内で相次ぐクマの被害。

 6月には札幌市東区の住宅街にクマが出没し男女4人が負傷する事故もあったばかりです。このクマは一体どこからきたのでしょうか。

札幌市のクマはどこから来たのか…

 道立総合研究機構 間野 勉 専門研究主幹:「石狩川渡ってきた。そのあと茨戸川から伏籠川に、そして用水路に入って、あそこまで来た。人に気付かれずに札幌市の北区や東区まで来られてしまった」

川や用水路を使いクマが移動したとみられる

 市街地での出没に加え、福島町の事故がクマによるものと確認された場合、2021年の死傷者は8人となり、1964年と並び過去最多となります。

 道立総合研究機構 間野 勉 専門研究主幹:「個体数が過去と比べて増加傾向にあってかつ分布域も拡大。人間とクマの衝突、軋轢(あつれき)は増えていく。収束するための危機管理の仕組みが必要」

 これまで目撃情報がなかった場所でも出没し始めたクマ。今後もより警戒が必要となりそうです。

  • みんテレ