きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

クマに襲われたか…山林に損傷激しい性別不明の"遺体" 行方不明の70代女性か 付近に強い「ケモノ臭」

事件・事故 社会 友だち追加

 7月2日朝、北海道南部の福島町の山林で1人の遺体が見つかりました。遺体の損傷が激しく、警察は7月1日から行方不明になっていた女性がクマに襲われた可能性が高いとみて調べています。

 小町 麻紀 カメラマン:「国道を登り切った高台の山林で、遺体の一部が発見されました。付近には強いケモノ臭がしていて、クマに襲われた可能性が高いとみられています」

 7月2日朝、福島町白符で「畑作業に出ていた70代の女性の行方が7月1日から分からない」と知人から警察に通報がありました。

 警察などが付近の山林を捜索した所、畑から2~30m離れた笹薮の中で、損傷の激しい性別不明の遺体が見つかりました。

 周辺には、女性が移動に使った自転車が残されていて、死亡したのはこの女性とみられています。

 近くには動物のフンが見つかっていることから、クマに襲われた可能性が高く、ハンターが出るなどして付近の警戒にあたっています。