きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

“最長17時間”の交通規制 …東京五輪マラソン・競歩で札幌市 「店は休業」暮らしに影響も

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 札幌市中心部で実施される東京オリンピックのマラソンと競歩。

 開催日には最長17時間の交通規制が行われることが発表されました。

 私たちの暮らしにどんな影響が出るのでしょうか?

 準備が進む東京オリンピックの男女マラソン。

 競技当日の8月7日と8日、コース周辺では長時間にわたる交通規制が行われます。

 札幌市民:「もっと周知をしてほしい」

 札幌市民:「土曜日は店が一番忙しい日なので影響大」

 市民の暮らしに様々な影響が。その時、何が起きるのでしょうか?

 八木 隆太郎 キャスター:「札幌市の中心部と北部を結ぶ創成川通。交通量も多いこの道路が、マラソン開催日には最長5時間以上通行止めとなり、東西の人の往来もできなくなります」

交通量の多い創成川通も通行止めに

 東京オリンピックの男女マラソンは、8月7日と8日の午前7時にスタートします。

 交通規制は午前5時ごろから始まります。

 舞台は変則的な周回コース。スタートして大通公園を2周した後はコースから外れるため、大通公園エリアの通行止めは、午前8時ごろまで。

 その後は競技の進行により、部分的に解除していきますが、大通公園より南側のエリアは最長で午前8時30分ごろまで。

 北側のエリアは創成川通や北海道大学構内を3度周回するため、最長で午前11時ごろまで、6時間の通行止めとなります。

マラソンでは最長で6時間の通行止めとなる

 長時間にわたる交通規制に市民は…。

 札幌市民:「やむを得ないのではないか、オリンピックをやる以上は」

 札幌市民:「工夫する。コース外に避難したり、コース外の電車を利用する」

 札幌市民:「どうなるのか、みんな全然わかっていない。もっと周知してほしい」

 コース周辺の店舗では深刻な影響も。

 こちらの青果店では、マラソン当日は…。

 丸果河田商店 河田 敏幸さん:「休業する。観戦で客が来られない。自分も店に来られないから」

 交通規制で客が来店できないことが見込まれ、休業を決めました。さらに…。

 丸果河田商店 河田 敏幸さん:「大変なことがもう一つある。日よけの撤去。マラソン前に取ってしまう」

 店の”日よけ”が歩道にせり出しているため、競技に支障が出る恐れがあると、撤去を命じられたのです。

  • みんテレ