きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

北海道で相次ぐ"クマ"の被害…札幌市では4人重軽傷・羅臼町では犬3匹襲われる「DNA解析」の結果は

事件・事故 社会 友だち追加

 6月18日早朝、札幌市東区の住宅街で通行人など4人に重軽傷を負わせたヒグマ。

 その後ハンターにより駆除されましたが、なぜ平野部の市街地に突然、現れたのかは分かっていませんでした。

 実は、この数週間前から隣接する北区(石狩川周辺)では、記録を取り始めた2002年以降、初となるクマの目撃情報が寄せられていました。

 道などは、このクマが農業用の用水路を伝って東区まで侵入したとみて、採取されたDNAの解析を進めていました。

 しかしサンプルの状態が悪く同じ個体かどうかは結局確認できませんでした。

 北海道環境生活部自然環境課 鈴木 英樹さん:「東区に出没した加害個体については、捕獲とはなりましたが、引き続き住民のみなさまに対する注意喚起など緊張感もってやっていきたい」

 一方、6月27日に飼い犬3匹がクマに襲われた道東の羅臼町。

 2018年と2019年にも飼い犬5匹が襲われていて、同じ個体かどうかDNA解析が進められていましたが、こちらは同じクマであることが判明しました。

 町では引き続き厳重な警戒を呼びかけています。