きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

コロナ禍で"孤立する"子育てママ…「オンラインサロン」やSNSの「イラスト」が母親たちを救う

くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 新型コロナウイルスによる公共施設の休館や外出自粛で、子育てのストレスを発散できないでいる母親が増えています。 

 そんな孤立する母親たちの心を、ふっと軽くしてくれるイラストがありました。

 (Q:コロナ禍での子育てどう?)

 母親:「お母さんお母さんってみんなが言ってくるので、それに対応しきれなくなって、それがストレスですかね」

 母親:「気分を変える場所が今はない」

 母親:「1人でいろいろ抱え込んでしまい、子どもに当たってしまう時もある」

 子育てを支援する公共の施設は、新型コロナで休館。行き場を失い、母親たちは孤独感を強めています。

新型コロナの影響で、子育て支援施設は休館に。

 そんな心をふっと軽くしてくれるイラストがありました。

 子ども:「だいすき!」

 母親:「ママも大好きだよ」

 子ども:「一緒だね」

 子育て中の"あるある"がたくさん。いま、共感を呼んでいます。

子育て中の「あるある」がたくさん詰まっている

 新型コロナで外出自粛が続く中、ストレスや孤独を抱える母親が増えています。 

 札幌・手稲区に住む、火山真子さんもそんな一人です。

 火山 真子さん:「かいり、濡れてるよ?」 

 夫と3歳のかいり君の3人家族。

札幌・手稲区に住む火山真子さん

 火山 真子さん:「なんかこんなのをいつもネタに描いてます」

 火山さんはイラストレーターです。 

 かいり君の成長の記録を絵にしてきました。

最近の幼児語

 母親:「最近の幼児語」

 子ども:「おきつきさま(お月様)、マヨメージ(マヨネーズ)、うぐらいし(裏返し)」

 イラストレーター 火山 真子さん:「もともと育児日記を書いたり、忘れたくないなと思い、育児の記録としてかき始めました」

 かいり君が1歳のとき、いまの家に引っ越し、近くに育児の仲間がいなくなりました。

 さらに緊急事態宣言で保育園が休園。

緊急事態宣言により、保育園が休園に

 2人きりで過ごす時間が増えました。

 イラストレーター 火山 真子さん:「やっぱり大人と話す機会が少なくなるので、私も外に出られなくなり、ストレスというか、最初はうつうつとしてました」

 母親たちの憩いの場である子育てサロン。

  • みんテレ