きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「めっちゃ楽しい」「昔に戻ったみたい」コロナ禍に誕生した離島の"駄菓子屋さん"…心をつなぐ小宇宙

コラム・特集 友だち追加

 北海道北部の「利尻島」に、50年ぶりに駄菓子屋が誕生しました。なぜこの時代に駄菓子屋が?コロナ禍で忘れていたものがそこにありました。

 10円ほどで買えるスナック菓子に、ドキドキワクワクのくじ付きの駄菓子、さらに昭和の雑貨やレコードまで。子どもにとっては珍しく、大人にとっては懐かしいー。 

 ここは北海道、北部の利尻島の駄菓子屋さん。島に駄菓子屋が開店するのは…。

 「50年数年ぶりですね」

 コロナ禍で薄くなった人と人のつながり。わずか5畳の小さな駄菓子屋さんが、島民の心をつないでいます。   

 人口約4300人、利尻島です。5月、令和の時代に逆行するかのような店が開店しました。 

 住宅街の路地を抜けた海沿いに建つ「駄菓子屋まるちゃん」です。

「駄菓子屋まるちゃん」

 品ぞろえは100種類以上。店内は懐かしい雑貨やレコードで装飾しまさに昭和そのものです。

 「ここに置いていい?」
 
 「チョコレート、そこに置きたいと思っていた」

利尻生まれの夫婦で営む駄菓子店

 店主は伊藤春恵さん(57)。そして開店を提案したのは夫の嘉睦さん(63)。2人とも生まれも育ちも利尻島です。営業は金・土・日の3日間。どんな人がやってくるのでしょうか。

 「くじ引かせてもらってもいいですか」

 駄菓子屋まるちゃん 伊藤 春恵さん:「いいよ。お金あとでまとめて払ってもいいよ」

 午後3時30分にやってきたのは近所の小学生3人組。

 小学生:「島に小さい菓子がなかったから、めちゃめちゃおもしろいです」

 Q.今までどこでお菓子買ってた?
 小学生:「コンビニとか」

 駄菓子屋まるちゃん 伊藤 嘉睦さん:「10円か20円握りしめていけば買い物できる。そこでまた仲間と話し合える」

 街が賑わい、子どもが多かった50年以上前の利尻島。

かつて多くの子どもがいた利尻島

 伊藤さんも小銭を握りしめ駄菓子屋に通っていた1人でした。遊びを通じて友情を深めました。

 現代の子どもたちにも同じ体験をしてほしいと願い開いた店です。

 午後4時30分、店の周りは子どもたちで溢れていました。