きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

北海道「本当に住みやすい街大賞」発表 第1位は…駅周辺で大規模再開発 アクセス抜群の“あのマチ”

コラム・特集 友だち追加

 北海道内を対象にした「本当に住みやすい街大賞 2021 in 北海道」が発表されました。

 住宅の専門家が審査し、選定したものなんですが、第1位に輝いたのは一体どの街なのでしょうか?

 6月30日に発表された「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2021 in 北海道」。

 住環境や交通の利便性など5つの基準で住宅の専門家が審査し選定したものです。     

 第1位に選ばれたのは、再開発が進むあの街でした。

 男性住民:「交通が便利」

 女性住民:「お店も多い」

 本当に住みやすい、その街とは?

 千須和 侑里子アナウンサー:「いよいよ北海道の住みやすい街が発表されます」

 第3位はJR北海道千歳線の「北広島」。

第3位は「北広島」(JR千歳線)

 2023年に「北海道ボールパーク」が開業予定で、駅周辺では再開発が進みます。札幌市にも、新千歳空港にもアクセスしやすいのも評価されました。北海道内の不動産事情に詳しい専門家は…。


 インフォメーション・システム キャビン 志田 真郷さん:「新しいアーバンアミューズを提供する場所になるという期待感があります」 

 第2位は札幌市営地下鉄東西線の「西28丁目」が選ばれました。

第2位は「西28丁目」(地下鉄東西線)

 インフォメーション・システム キャビン 志田 真郷さん:「教育的価値や、分譲マンションの高級ブランド地域としての安定した人気がある。今までもあった人気が維持されている」

 そして、第1位は札幌市営地下鉄東西線の「新さっぽろ」です。駅周辺の大規模再開発が行われ、タワーマンションの建設が続いています。

第1位「新さっぽろ」(地下鉄東西線)

 インフォメーション・システム キャビン 志田 真郷さん:「大きなタワーマンションを軸に、商業施設、医療施設、大学などの学校を建てて、複合的な都市機能を上げるための、大規模な再開発計画が作られている。もう一つは、地下鉄とJRがダブルで使える場所は札幌市内で言うと、札幌駅とここしかない」

 実際に暮らしている人は、どう感じているのでしょうか?

  • みんテレ