きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

豪華“舟盛”を自宅で… 晩酌の“お供”を移動販売車で…鮮魚店のチャレンジ「コロナ禍の逆境を追い風に」

事件・事故 社会 くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 コロナ禍で苦境に立つ外食産業。影響は飲食店に魚を卸す鮮魚店にも及んでいます。

 そんな中、画期的なサービスで売り上げを伸ばしている鮮魚店がありました。

鮮魚店は苦境に立たされています…

 ヒラメにタイ、ウニなど新鮮な海産物をホテルや飲食店に魚を卸す北海道札幌市西区の「鮮魚 鯔背(いなせ)」。

 調理しやすいよう下ごしらえしてくれるのが評判で、売り上げも好調でした。

 しかし、「鮮魚 鯔背」の小野 真さんは「コロナの影響で(納品が)ゼロです」と厳しい状況を話してくれました。

 飲食店の時短営業などで売り上げが激減したのです。

 そこで、自宅でも楽しめるように考案したのが特製の「舟盛」です。

豪華です!

 ヒラメ、中トロ、タラバにロブスター、ハッカク、メヌキなど17種類の刺身が盛られた「舟盛」。3~4人前で1万800円です。

 小野さんは「これも食べてもらいたいと仕込むと、最終的に舟にネタがのらなくなる」と話します。

 特製「舟盛」は5000円から。コロナ禍で外食ができない中、本格的な舟盛を家で楽しめるとあって人気です。

 舟盛を買った客は「誕生日祝いで何度かお願いしているけど、いつもおいしい」

目の前でさばきます…

 店では小売りを週4日間、本格的に始めました。

 客から要望を聞き、魚のおいしさを伝えながら販売します。

 客は「自分でさばくのは手間がかかるので助かっています」

 「スマ(サバ科の高級魚)は刺身とたたき。クリガニはそのまま。晩酌のためです」

 「コロナで外出ができないので、カニミソで日本酒を飲もうと思う」

 「天気がいいので外でバーベキューする時に焼きます」などと喜んでいます。

めったに見ない珍味

 客の気持ちをつかんで売り上げを伸ばした店は他にもあります。

 コバンザメにマグロの頭など珍しい魚や総菜が並ぶ札幌市北区の「シハチ鮮魚店」です。店の奥にはお酒も飲める食堂もあります。

  • みんテレ