きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

自家製「クラフトコーラ」がブームに…“北海道産食材”や“本格スパイス”使用 家庭でも簡単に

コラム・特集 友だち追加

 「クラフトビール」や「クラフトコーヒー」という言葉を耳にする機会が増えてきました。そんな中、いま自家製で製法にこだわった「クラフトコーラ」が注目を浴びています。一体どんなものなのでしょうか?

コーラ飲料にはさまざまなバリエーションが!

 いまコーラ飲料に様々なバリエーションが! 北海道特産のテンサイから作られた砂糖を使ったものや、さまざまなスパイスを使ったものなど個性的なクラフトコーラがめじろ押しです。


さまざまなスパイスを自分で配合できるのが楽しい

 家庭で簡単に作ることもできます。あなた好みのコーラの味は?

 今川 純子 記者:「まずシナモンの香りが広がるんですが、その後いろいろなスパイスの香りがきます。さわやかで、これからの季節にピッタリです」

 札幌市南区の「Qmin」のクラフトコーラは、シナモンやカルダモンなど様々なスパイスが使われています。実はこちらのお店、スパイスたっぷりのインドの炊き込みご飯「ビリヤニ」の専門店なんです。

スパイスを使った炊き込みご飯「ビリヤニ」

 Qmin 奥山 聖さん:「ビリヤニに合う飲み物を探していたときに、ビリヤニに近いスパイスを使ったら合うだろうと考え、クラフトコーラを作りました」

 材料の1つがコーラナッツの粉末です。コーラナッツとはコラノキの種子で、これから抽出したカフェインを使って作られたのがコーラ飲料の始まりと言われています。

"コーラナッツ"から抽出したカフェインを使って作られたのがコーラ飲料の始まりと言われる

 Qmin 奥山 聖さん:「これを使わないといけないという定義はないと思います。飲みやすい、自分好みの味を見つけるのもクラフトコーラの楽しみ方だと思います」

 自家製で製法にこだわったクラフトコーラが増えています。札幌市中央区のリゾット専門店「Risotteria.GAKU 時計台」では…。

すっきりした味わいでリゾットにも合うように…

 リゾッテリア ガク 時計台 岩倉 基樹さん:「バニラビーンズなどを使わないで、すっきりとした味わいにすることによって、リゾットにも合うようになっています」

 北海道の特産品を使ったクラフトコーラも誕生しています。「十勝夕暮れコーラ」は、北海道帯広市の真浦綾子さんが中心となって2年前に発売しました。