きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「キューンと犬の声がして外を見たらクマが」3匹襲われ1匹死ぬ 過去にも同様被害 同じクマかDNA調査

事件・事故 社会 友だち追加

 同じクマの仕業なのでしょうか。6月27日夜、北海道東部の羅臼町で飼い犬3匹がクマに襲われ、そのうち1匹が死にました。羅臼町では2018年から飼い犬がクマに襲われる被害が相次いでいて地元では警戒が続いています。

 クマに襲われた犬の飼い主:「キューンという犬の声がしたから表を見たらクマがそこにいた。だんだんだんと窓ガラスを叩いて叫んだが、それでもクマは逃げなくて…犬に覆い被さって3匹目を襲った」

 ちぎれた首輪に、傾いた犬小屋…

最初に襲撃された犬の小屋

 犬がヒグマに襲われたのは北海道・羅臼町海岸町にある住宅の敷地内です。

 27日午後9時過ぎ、住民の女性が、飼っている中型犬の鳴き声に気付き、窓越しに外を見ると、クマが犬に覆い被さっていました。

 クマに襲われた犬の飼い主:「1匹目は全然動かなくて血だらけになっちゃって。役場の人がダメだわと。ここにいた(別の犬は)逃げることができた」

 犬はいずれも背後から襲われていて、1匹が死に、2匹が後ろ足にケガをしました。クマは浜伝いに山に逃げたということです。

相次ぐクマによる飼い犬の被害…

 クマに襲われた犬の飼い主:「生き残った犬は表に出さないで2階に置いておこうと思う。クマを駆除して欲しい。本当に心から思う」

 羅臼町では2018年と2019年にも、飼い犬がクマに襲われる被害がおきていました。町は過去に犬を襲撃したクマの可能性もあるとみてDNAを詳しく調べるとともに周辺のパトロールを強化するなど警戒を強めています。

  • みんテレ