きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「あやしかたわからない」友人語る20歳母親の"素顔"…しつけで2歳児クローゼットに監禁 扉押さえる

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道札幌市北区でクローゼットに2歳の長男を監禁したとして母親が逮捕され、その後長男が死亡した事件。

 母親は「開けられないよう押さえていた」と話していることがわかりました。

 7か月前、SNSに公開された容疑者の母親と死亡した長男の写真です。

 松原容疑者の友人:「かわいがっていた子が亡くなってしまい、すごいショックだった」

 この事件は6月22日、札幌市北区の無職 松原愛華容疑者(20)が、自宅アパートのクローゼットに2歳の長男、莉蒼(れいあ)ちゃんを監禁した疑いで逮捕されました。 
 莉蒼ちゃんは翌日、死亡しました。 

 捜査関係者によりますと、松原容疑者は調べに「長男をクローゼットに入れた後、開けられないように扉を押さえていた」と話をしていることが新たに分かりました。 

 クローゼットの前には物が複数置かれていて、莉蒼ちゃんを出られなくしていたとみられています。

クローゼットから出られなくしたか…

 アパートに莉蒼ちゃんと2人で暮らしていた松原容疑者。母と子に何があったのか。 

 松原容疑者と5月まで連絡を取り合っていた友人は、こう証言します。

 松原容疑者の友人:「ハイハイするようになった時は『いろいろな物を動かすんだよね』と成長を楽しみにしていた」

成長を楽しみにしていた一面も

 松原容疑者は18歳のときに莉蒼ちゃんを出産。その後離婚し、シングルマザーとなりました。 

 友人は松原容疑者が、育児で苦労していたのを感じていました。

 松原容疑者の友人:「早く生んでいるので、どのように子育てしていけばいいか。あやしかたとかがわからない。子ども目線で考えてあげるところまでいけていない」

「しつけのつもりだった」と話しているという松原容疑者

 松原容疑者は調べに「物を触ったことを注意したら態度が悪かった」、「閉じ込めたのはしつけのつもりだった」などと話しているということです。 

 莉蒼ちゃんに目立った傷や衰弱の跡は見つかっていません。

 警察は引き続き、日常的な虐待の有無を含め調べています。

  • みんテレ