きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

命に向き合う"新人飼育員" 夢は「感動や驚きを伝えられる日本一の水族館」コロナ禍 勉強と挑戦の日々

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 緊急事態宣言が解除され、緊張感を保ちながらも少しずつ日常生活が戻り始めています。

 6月21日、1か月ぶりに通常営業を再開したおたる水族館。休館中の知られざる裏側に密着しました。

 北海道小樽の海を見つめる男性。ここはおたる水族館の屋上です。

 おたる水族館 小竹 多聞さん:「一番の目標は、おたる水族館を日本一にすること」

「日本一の水族館」を目指す小竹さん

 魚類飼育係の小竹多聞さん23歳。ここが昼休みの特等席です。

 おたる水族館 小竹 多聞さん:「おたる水族館じゃなければだめという水族館にしたい」

 しかし、働き始めてわずか1か月、コロナ禍で水族館は臨時休館に。それでも命と向き合う新人飼育員に密着しました。

 新人飼育員の小竹さんが働き始めてわずか1か月。緊急事態宣言を受けて水族館は休業を余儀なくされました。

 250種類、5000個体の海獣や魚類を展示するおたる水族館。命と向き合う仕事に「不要不急」はありません。

休業中も命と向き合う

 おたる水族館 小竹 多聞さん:「めちゃめちゃ小さな粒粒がアルテミア。ミズクラゲやチンアナゴとか口の小さな生き物が食べる」

 小竹さんは、毎日2度水族館で飼育しているほとんどの魚類や爬虫類へのエサやり、さらに健康状態をチェックしています。

 おたる水族館 小竹 多聞さん:「うろこが剥げている。2日前はなかったと思う。新しくついてしまった。この子の左側のえらの後ろ側のほう」

 愛知県出身の小竹さん。おたる水族館にほかの水族館とは違う魅力を感じ、働くことにしました。

 おたる水族館 小竹 多聞さん:「ほかの水族館にいない生き物が充実している。ニシンの水槽とかエゾトミヨですね、ここのオオカミウオはよその水族館ではなかなか見られない、泳ぐ姿を日常的に見ることができるので見ごたえがある」

ニシンの水槽

 人間がいない間も動物たちの暮らしは続きます。5月には5年ぶりにセイウチの赤ちゃんが誕生しました。そしてイルカなど海獣類は毎日ショーのトレーニングも欠かせません。

 おたる水族館 志村 智行さん:「トレーニングはイルカたちの健康管理のためにやっている。いつもと比べて動きが鈍くないか、集中力やエサの食べ具合とか、日ごろから変化がないかチェックしながらトレーニングしている」

  • みんテレ