きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

目撃から10時間以上…「シカ2頭」まだ住宅街に居座る 周辺の山林では"クマ"目撃情報も 札幌市中央区

事件・事故 社会 友だち追加

 6月23日朝、北海道札幌市中央区の交通量の多い国道沿いにシカ2頭が現れ、午後6時時点も現場にとどまったままです。警察などが警戒を続けています。

 【現場からの報告】

 シカは周りを警戒しながら駐車場に居続けています。建物の奥にもう1頭、あわせて2頭います。

 シカがいるこの場所は北海道札幌市中央区の幹線道路沿いです。道路に飛び出して交通事故にならないよう警察や、市役所の担当者が見守っています。

 6月23日午前8時すぎに現れ、午後6時時点で10時間以上が経過しました。札幌市民も心配そうに見ています。

 札幌市では野生動物の出没が相次いでいて、午後3時ごろには約3キロ離れた「小別沢トンネル」付近で、体長約1メートルのクマが目撃されました。すぐに山に入ったということですが、注意が必要です。

 シカについて札幌市は「山に帰るのを待つしかない。まずは日没まで見守ります」と話しています。

  • みんテレ