きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【北海道の天気 6/21(月)】『夏至』でも、雲多く日差しは少なめ…今週は日ごとに蒸し暑さアップ

天気 友だち追加

(吉井庸二気象予報士が解説)正午現在

きょう21日は、二十四節気の一つ「夏至」です。
一年の中で最も昼が長い時期になっています。

ただ、全般に雲が多く、局地的な雷雨に注意が必要です。

◆21日午後の天気
名寄など、上川北部を中心に、晴れそうです。
道南や道東の雨も次第に止むでしょう。
道央と胆振・日高地方は、夜のはじめまで急な雷雨にご注意ください。

◆21日の予想最高気温
日本海側と道南は20℃前後で過ごしやすいでしょう。
根室からオホーツク海側は、気温が上がらず、根室は11℃の予想です。

◆札幌の予想最高気温
週後半にかけて、徐々に気温が上がり、
金曜日以降は、25℃以上の夏日となりそうです。

湿度も徐々に上がっていきます。
あす21日は比較的カラッとした暑さですが、
週末にかけて湿度が上がり、金曜日以降は蒸し暑くなりそうです。

週後半は熱中症にもご注意ください。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
水曜日にかけて晴れて、旭川や北見は、25℃以上と汗ばむ陽気になりそうです。
木曜日からは、雲が広がりやすく、内陸中心ににわか雨もありそうです。
週末は蒸し暑さのピークで、北見は日曜日は29℃の予想です。

太平洋側
あす21日の朝は、道東の内陸部で、霜が降りるくらいの冷え込みとなりそうです。
農作物の管理にご注意ください。
水曜日は太平洋側西部を中心に、一日雨が降りやすくなりそうです。

  • みんテレ