きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

北海道「ワクチン集団接種」4市に加え北広島市・当別町も追加へ…余剰分を"潜在看護師や警察官"にも検討

社会 友だち追加

北海道

 新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため北海道が初めて設置する「接種センター」が6月19日から稼働しました。鈴木知事は26日から接種対象地域を北広島市と当別町も拡大する方針を明らかにしました。

 「北海道ワクチン接種センター」は札幌市厚別区の「ホテルエミシア札幌」で19日から札幌市・江別市・千歳市・恵庭市の4市の65歳以上の高齢者を対象に接種を開始しました。

 鈴木知事は18日の道議会で、新たに依頼を受けた北広島市と当別町を26日から対象地域に加えるよう準備を進めていることを明らかにしました。

 またワクチンや予約枠を有効に活用するため、キャンセルが発生した場合にはナースバンクに登録している、いわゆる「潜在看護師」や、感染状況の厳しい札幌圏の警察官の接種を検討しています。

 鈴木知事は「市長村の接種状況を把握しながら、7月末までにワクチン接種を希望される高齢者の方々が接種を受けられるよう市長村に対し、支援していく」と話しています。

 北海道ワクチン接種センターでの予約受け付けは、各市のホームページから行います。65歳以上の接種券を持っている人が対象で、2回目も同じ会場で接種を受けることが条件です。(モデルナ社製を使用)

 電話受け付け窓口はありませんが、各携帯電話ショップでは、オンライン予約の「入力支援」をしています。

  • みんテレ