きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

“ギョーザ”や“ドライフルーツ”が「自動販売機」で…コロナ禍を逆手に 非対面アピール

道内経済 友だち追加

 コロナ禍の影響で、自動販売機が注目を浴びています。人と接することなく買い物ができるというのが、その理由です。中には、「こんなものが」と驚く自動販売機も。一体どんなものなのでしょうか?

これが「自動販売機」で!?

 もちもちの皮に包まれ、中にはたっぷりの具材が詰まったジューシーなギョーザ。人気のブランド「ぎょうざの宝永」です。これが自動販売機で買えるんです。

食べたいものを「ピッ」

 実際にタッチパネルを操作し買ってみると、パックに入った冷凍のギョーザが出てきました。

 設置されているのは札幌市北区の、このギョーザを製造する食品会社の敷地内。これまで窓口で冷凍ギョーザを販売してきましたが、4月に自動販売機を導入しました。プレーンとチーズの2種類を販売しています。新型コロナウイルスの影響で“巣ごもり”生活が続く中、家庭での消費増を見込んでの試みです。

 札幌フードサービス 千釜 佑太さん:「好きなタイミングで購入できるという利点がある。気軽に使ってもらえたら」

「冷凍状態」で購入

 タッグを組んだのは、食品用の自動販売機を手掛ける会社です。

 サンデン・リテールシステム 饗庭 久弥さん:「いま全国的に、こういった物販の自動販売機の問い合わせが急増している。今まで売れなかった冷凍食品が売れるということもあって、新しい販売チャンネルが生まれた」

 非対面での24時間販売。コロナ禍での新たな販売モデルとなりそうです。

こんな自動販売機も…

 取り出し口から出てきたのは、ドライフルーツ。かわいらしいイラストでひと際目を引くポップな自動販売機があるのは、札幌市西区のドライフルーツ専門店です。イチゴやパイナップルなど10種類が売られています。

「ドライフルーツ」の一番人気はイチゴ

 店内では約60種類を扱っていて、その中で厳選された人気商品を自動販売機で売っています。

 こちらのドライフルーツは、中まで乾燥させないセミドライタイプ。果実そのものの香りや風味が残るのが特徴です。

客の要望で設置したところ「広告塔」にも

 モモカーゴ 吉村 政和さん:「うちの店は基本的に土曜日と日曜日の営業。客から平日にも買いたいという要望があった。大きい道路に面していて、広告塔にもなっている」

 販売と広告の両方を兼ね備えているんです。進化する自動販売機はこれからも増えそうです。

  • みんテレ