きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

なんだこれ!?…電柱覆いつくす「大量のミツバチ」通行人に被害なし 養蜂業者が3000~5000匹回収

社会 友だち追加

 6月16日午前、札幌市の中心部でミツバチが大量発生し、一時周辺は騒然としました。

 田中 うた乃 記者:「札幌の中心部です、電柱にミツバチが大量発生しています」

 電柱の看板を覆いつくしているのは大量のハチです。6月16日午前9時すぎ、札幌市中央区南1条西5丁目の市電通りでミツバチが大量に発生しました。

ミツバチは養蜂業者が回収(撮影 視聴者)

 ミツバチは約3000から5000匹とみられ、2時間30分後に養蜂業者によって回収されました。通行人が刺されるなどの被害はありませんでした。

 ハチを回収した養蜂家:「なんとかしないといけないので急きょ…」

 なぜ、街中でミツバチが大量発生したのか。

 昆虫の行動が専門の北海道大学の水波誠教授は、ミツバチの群れの一部が新しい巣に移動する「分蜂」の可能性があるといいます。

「分蜂」の時期のハチはとてもおとなしい

 北海道大学 理学部 水波 誠 教授:「新しい巣に適した場所を見つける段階で、集合場所として大きな集団を作る。(近くの)大通あたりはニセアカシアが多いので、ミツバチにとっては蜜を集める格好の場所」

 付近の複数のビルの屋上では、はちみつなどを採るための巣箱がありました。北海道によりますと札幌市で建物の屋上で養蜂を行っているのは10か所にのぼります。街で群れを見かけた際、気を付けることはあるのでしょうか。
 
 北海道大学 理学部 水波 誠 教授:「分蜂の時期のハチはとてもおとなしい。ただ群れを作っているところに石を投げたり、近づくと攻撃される可能性ある」

 水波教授によりますと5月から6月にかけミツバチが増え、群れの移動も増えるということです。