きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

“感染防止”“ぬくもりの保育” 両立に悩む現場… 子どもたちを守るため奮闘 ワクチンの優先接種決まる

社会 くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 新型コロナウイルスの北海道の感染は減少傾向ですが、危機感が高まっているのが保育の現場です。幼い子どもたちの感染を防ぐために何が必要なのでしょうか。

子供たちは楽しそうだけど…

 札幌市白石区の白石中央保育園では子供たちが元気いっぱいに過ごしていますが、消毒の回数を増やすなど感染対策を続けています。

 しかし、5月には市内の保育施設でクラスターが相次ぎ危機感を強めています。

 保育士は「子どもの成長をうながすために保育をしていくのですが、どこからコロナウイルスがまぎれ込んでくるか分からないのが心配」と話します。

絵本もページごとに消毒です

 感染を防ぐこと。そして、ぬくもりのある保育をすること。現場は難しいかじ取りを迫られています。

 札幌市私立保育園連盟 菊地 秀一 会長は「保育現場は3密は避けられない。0歳、1歳の子にマスクなんて現実的ではないですから」と背景を説明します。

 白石中央保育園ではフロアごとに職員を分けています。

 感染のリスクを減らすと同時に濃厚接触者を限定するためです。

「お昼寝」にも変化が

 秦 光円 園長は「今までは頭同士をくっつけて寝ていた。今は頭を離して息が隣の子にかからないように工夫しています」と話します。

「子どものため」とは…

 昼もこれまでとは違います。先生は食事の手伝いをするものの一緒には食べず、別の部屋で「黙食」です。

 ただ、食育の大切な機会だけに難しさも感じています。

 保育士は「食事の時も、もぐもぐとか飲み込み仕方などは直接見せてあげて初めて獲得できる。ちょっと今できていない。どう子どもたちに伝えていこうか悩んでいる」と苦悩しています。

絵本の内容は伝わってる…?

 さらに…。

 保育士は「顔の表情も絵本だけじゃなくて、私たちもその表情をして教えたい。(子どもには)マスクから上しか見えない。頑張って声のトーンや大きさ、体の動きで表現しますが、難しいと感じる時があります」と悩んでいます。

医療だけでなく保育の現場にも優先接種を…

 感染拡大を防ぐため、札幌市の私立保育園などで作る団体は5月、市に保育所や幼稚園の職員もワクチンの優先接種の対象とするよう要望しました。

 札幌市私立保育園連盟 菊地 秀一 会長は「保育者が感染した場合、子どもに感染させてしまうリスクが変異株によって高まっている。子どもの健康を守る観点で保育者のワクチン接種っていうのは非常に重要だと感じています」と話します。

取材中に吉報

 白石中央保育園には6月10日、優先接種を知らせる連絡がありました。札幌市の対策会議で保育所や幼稚園の職員へ優先接種が行われることが決まったのです。

 秦 光円 園長は「本当にとても安心しました。7月上旬から接種券が配られるようですけど、その間コロナに負けないで頑張っていきたいと思います」と決意を新たにしました。

保育の現場では感染やクラスターが相次ぐ

 札幌市の保育施設では2020年11月の第3波で園児や職員の感染が急増しました。その後、減少したものの、2021年4月からまた急増しています。クラスターの数も増えていて、5月は市内の保育施設で10件が確認されています。

  • みんテレ