きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

“宴会場”にベッド 酸素投与も…新型コロナ軽症者用の「宿泊療養施設」が想定外の事態に

社会 くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 本来は新型コロナ軽症者を受け入れるはずの宿泊療養施設。しかし、北海道で新規感染者が過去最多を記録した5月中旬には、酸素投与を行うなど病院並みの対応を求められました。最前線で治療にあたった医師の証言です。

 札幌医科大学附属病院 水野 浩利 医師:「このままでは救急車の中で亡くなってしまうという事態が発生しそうだった」 

 札幌市内の宿泊療養施設で治療にあたる札幌医科大学附属病院の水野浩利医師が、ひっ迫した医療について語ります。5月中旬のピーク時には、入院が必要な人が宿泊療養施設にとどまらざるを得なかったといいます。

 札幌医科大学附属病院 水野 浩利 医師:「体の中の酸素が足りなくなって、すぐに酸素投与しなければいけない人が増加。ピーク時には、入院できなくて宿泊療養施設にとどまる人に、酸素を投与したり点滴をしたりして医療提供をしていた」

 本来は軽症者や無症状の患者を受け入れる宿泊療養施設ですが、宴会場として使われていた部屋にベッドを入れ、病院で行われるような治療を行ったのです。

 札幌医科大学附属病院 水野 浩利 医師:「息苦しくない?」

 宿泊療養施設の患者:「息苦しいです」

 札幌医科大学附属病院 水野 浩利 医師:「この91%という数字は非常に低い値で、酸素を吸わないといけない状態です」

 患者と緊迫したやりとりが行われます。

「数値」で患者の息苦しさを確認

 札幌医科大学附属病院 水野 浩利 医師:「なかなか『呼吸が苦しい』と訴えるのが難しいのがこの病気の特徴。客観的に数字で苦しくなっていないか、体の中の酸素が足りているかを把握する必要があった」

 多い時には300人以上を受け入れていました。日中は医師1人と7人ほどの看護師が常駐しますが、常に患者の様子を観察しなければならないため、医療従事者の負担は深刻でした。

 札幌医科大学附属病院 水野 浩利 医師:「マンパワーの拡充が急激なピークに追いついていかなかった。重症度が高い人に酸素投与することを余儀なくされたので、受け入れをどんどん拡大するわけにはいかなかった」

 さらに事態は深刻化します。宿泊療養施設の枠を超える対応を迫られた、緊迫の瞬間が訪れるのです。