きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【レバンガ北海道】新加入“寺園脩斗”は宮崎出身のポイントガード「ワクワクしています」

スポーツ 友だち追加

レバンガ北海道と契約した 寺園脩斗選手

 バスケットボール、Bリーグのレバンガ北海道は6月14日、寺園脩斗選手(26)と選手契約を締結したと発表しました。

 寺園選手は愛知県豊橋市をホームタウンとする三遠ネオフェニックスに3季所属し、2020-21はキャプテンとしてプレー。全試合に出場し、389得点(平均6.6得点)、147アシスト(平均2.5アシスト)を記録しました。

 東海大学を卒業した2017年には一旦、社会人チームの九州電力アーティサンズに加入しましたが“プロになる夢”を追って2018年にはBリーグ1部の三遠ネオフェニックスに入団、プロ選手のスタートを切りました。

 九州・宮崎県出身の寺園選手はプロ入り後、移籍は“初めて”でレバンガ北海道を通じて「笑」の文字をつけ“冬が越せるか心配です”としたうえで「ワクワクしています。自分自身が成長してチームを勝利に導けるように頑張ります。1日でも早くブースターの皆さんとお会いできることを楽しみにしています!」とコメントしています。


【寺園脩斗(てらぞの しゅうと)選手プロフィール】
1994年6月28日 宮崎県出身
身長 172cm / 体重 71kg
ポジション:PG (ポイントガード)
出身・経歴 東海大学~2017-18九州電力アーティサンズ~2018-21三遠ネオフェニックス

  • みんテレ