きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「全国3番目の感染者」いまだ高水準の感染者に知事警戒感…ワクチン接種"加速化"へ自治体取り組み続々

社会 くらし・医療 友だち追加

 感染の減少傾向は続いていますが、札幌市では6月11日過去最多の14人が新型コロナウイルスで死亡しました。そうした中、注目されているのが緊急事態宣言後の対応です。

 鈴木 直道 北海道知事:「(感染者が)全国で3番目と高い水準にあることは変わりない。入院患者数は依然として多い状況。国に対する情報の共有をしながら21日以降の対策を決定することになる」

 緊急事態宣言の期限まで残り9日。11日の会見で外出自粛や飲食店への対応を21日以降どうするのか問われた鈴木知事。具体的な対策について言及しませんでした。

 一方、北海道が19日から札幌市厚別区のホテルで札幌など4つの市を対象に行う「集団接種」について、それぞれの市のインターネットの予約サイトで受け付けることを明らかにしました。

 北海道内では11日、新型コロナウイルスの患者17人が死亡。うち札幌市では過去最多の14人が死亡しました。

北海道内では17人死亡 145人が感染

 新たな感染者は札幌市で72人、釧路地方で16人など北海道内で145人が確認されました。

札幌市の高齢者への接種をめぐる状況

 札幌市の高齢者のワクチン接種をめぐる状況です。
 ・1回目の接種率:20.9%(10日現在)
 ・集団接種の予約:80%(11日現在、約2万9000人分)

 徐々に集団接種の予約も埋まってきました。札幌市でさらに接種を加速化させるため、対策を打ち出されています。

札幌市でもワクチン接種「加速」へ

●集団接種:計5か所に
 ・6月19日~:ホテルエミシア札幌(厚別区)
 ・6月22日~:札幌コンベンションセンター(白石区)
 ・7月以降:つどーむ(東区)

●個別接種:600か所に拡大
 ・6月下旬~:市立札幌病院で平日(外来後)と休日接種へ
 ・休日や夜間接種を拡大

●巡回接種:医師・看護師チームを派遣(高齢者施設から開始)
 ・6月14日~:2チーム
 ・7月 1日~:5チーム
 

●接種券
 ・65~74歳:6月8日~
 ・基礎疾患ある人:6月中旬~(腎臓病や肝臓病、糖尿病)
 ・優先接種:7月上旬~(保育・教育・高齢者施設で働く人)
 ・一般:その後

 北海道内では、独自のワクチン接種の取り組みを進めている自治体もあります。

  • みんテレ