きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【大学野球】東農大北海道オホーツク 上武大に力負け 2大会連続の4強入りならず

スポーツ 友だち追加

UHB 北海道文化放送

 第70回全日本大学野球選手権記念大会(神宮球場)は6月10日、準々決勝が行われ、東農大北海道オホーツク(北海道学生野球連盟)は上武大(関甲新学生野球連盟)に3対11(7回コールド)で敗れました。

 東農大北海道オホーツクは初回、8日のゲームでサヨナラ打を打った古間木大登選手(4年)がタイムリー内野安打。そして、守屋秀明選手(4年)もタイムリー。2点を先制します。しかし、その裏すぐさま3点を返され逆転を許す厳しい展開。

 それでも3回、4番・古間木選手が1号ソロを放ち、反撃の狼煙を上げます。しかしその後、投手陣が上武打撃陣に3本のソロホームランを打たれるなど、合計11失点。大会規定により7回コールド(3対11)で敗れました。東農大北海道オホーツクは、2大会連続の4強入りはなりませんでした。

 ◆準々決勝 東農大北海道オホーツク - 上武大
6月10日(木) 神宮球場
試合開始9:00 終了11:13 観衆1500人

東農 201 000 0 3
上武 321 122 × 11

【勝】紫藤 【負】石澤 【本塁打】古間木1号ソロ(3回) 門叶1号ソロ(3回)、ブライト2号ソロ(4回)、川端1号ソロ(6回)

  • みんテレ