きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「作業員が頭を打った」マンション改修工事現場"高さ約15メートル"足場解体中に転落…49歳男性死亡

事件・事故 社会 友だち追加

作業事故を調べる北海道警厚別署

 北海道札幌市のマンションの工事現場で、男性作業員が約15メートルの高さから転落し死亡しました。

 事故があったのは、札幌市厚別区厚別東にある6階建てのマンションの工事現場です。

 6月8日午前11時20分ごろ、現場の警備員から「工事中の作業事故で作業員が頭を打った」との内容の119番通報がありました。

 この事故で、49歳の男性作業員が頭などを強く打ち死亡しました。

 警察によりますとマンションでは当時大規模な改修工事が行われていて、男性はマンションの周りに設置された「足場」を外す作業をしていました。

 男性はマンション6階よりも高い約15メートルの足場で単独で作業をしていた際、誤って地面に転落したとみられています。

 周辺で別の作業をしていた作業員は、警察の調べに「男性の声が聞こえたが、見た時には転落していた」などと話しているということです。

 男性はヘルメットを装着していましたが、警察は転落防止の「ハーネス」などを装着していたかなど当時の状況や原因を調べることにしています。

  • みんテレ