きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

外は“カリカリ”中は“もちもち” …「カヌレ」再びブームに ミシュラン一つ星の味も

コラム・特集 友だち追加

 20年ほど前にブームとなった、ある洋菓子が再び人気を集めています。札幌市でも取り扱う店が増え、新商品も続々登場しています。人気復活のワケは何なのでしょうか?

 かわいらしい冠のような形。小麦粉と卵、ラム酒などを使った、フランス発祥の焼き菓子「カヌレ」です。フランス語で「溝」という意味で、18世紀にワインの名産地ボルドー地方で生まれたといわれています。

 カヌレを食べたことのある人:「流行しているから、どんなものかなと思って。外側は“カリカリ”で、中は“ふわふわ”」

 カヌレを食べたことのある人:「魅力は食感だと思います。“もちもち”と“カリカリ”」

 カヌレを食べたことのある人:「ちょっと高級感がある。疲れたときに、おしゃれなお菓子を食べて良い気分になる」

 店によって味は様々。1990年代後半にブームとなりましたが、ここ数年で再び人気に火が付き始めました。情報誌「poroco」編集長の福崎里美さんに、その理由を聞きました。

1990年代にブーム…再び人気に

 poroco編集長 福崎 里美さん:「ちょっと小ぶりなので、お土産に持って行きやすい。“SNS映え”を狙って、かわいらしい商品を作る店が増えているのもブームのきっかけ」

 専門店もできる人気のスイーツ。札幌市内で買える人気のカヌレ、3つの店を訪ねてみました。

 1軒目は連日完売、北海道産食材の特徴を生かしたカヌレです。

「ケイク・デ・ボア」のカヌレ

 札幌市豊平区の菓子工房「ケイク・デ・ボア」。北海道産小麦や乳製品に加え、旬のフルーツを使ったケーキが人気です。こちらのカヌレは…。

 田辺 桃菜 アナウンサー:「外側は“パリパリ”。中は“もっちり”というか、とけるような味わい」

 ケイク・デ・ボア 森 伸司さん:「北海道産小麦の中でも、特に粒子の細かいものを使っているので、口どけが良くなっていると思う。“もっちり”なのは北海道産小麦の特徴です」

 大量生産できないため数に限りがあり、売り切れることもあるのでご注意ください。

 札幌市で人気のカヌレ。2軒目は「ミシュラン一つ星レストラン」のカヌレです。

 札幌市中央区のフレンチレストラン「アキナガオ」。「ミシュランガイド北海道2017特別版」で一つ星となりました。コース料理のデザートなどで出されるカヌレです。

  • みんテレ