きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【北海道の天気 6/8(火)】雷雲が通過中!最後の雷から30分は建物に避難を

天気 友だち追加

(吉井庸二気象予報士が解説)正午現在

8日は、大気の状態が不安定です。
午後も、落雷や突風、ひょう、急な強い雨にご注意ください。

◆雨雲の様子
午前11時30分現在、石狩湾から道東にかけて、雨雲が点在しています。
このあと、小さな雨雲が南へ移動し、所々で雷雨となる予想です。
特に、道東で発雷確率が高くなっています。夕方までご注意ください。

◆日本一遅咲きのサクラ開花
きのう7日は、大雪山系黒岳で、日本一遅咲きのサクラの開花が確認されました。
ようやく大雪山系にも春の訪れです。

◆8日午後の天気
午後は、道央と太平洋側で、にわか雨があるでしょう。
雷雲が近づいたら、外の作業は中断をしてください。
最後の雷から30分間は中断をするようにしてください。
札幌は弱い雨雲が通過する可能性があるので、折りたたみ傘があるといいでしょう。

◆8日の予想最高気温
帯広は26℃で、4日連続の夏日となりそうです。
一方オホーツク海側は、海からの冷たい風が吹いて、10℃を下回る所もありそうです。
一枚羽織る物があるといいでしょう。


◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
金曜日にかけてすっきりと晴れる日が続きます。
特に金曜日は、旭川と北見で30℃以上と、今年一番の暑さになりそうです。
土日は、雲が多く、にわか雨がありそうです。

・太平洋側
あす9日は一旦、帯広の暑さも和らぎそうです。
ただ、木曜日と金曜日は、真夏並みの暑さになります。
涼しい夏服を用意したり、扇風機を出しておくなど、暑さの備えを進めておきましょう。

  • みんテレ