きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

65歳以上の高齢者のワクチン接種券"段階的に"送付開始へ…札幌市「届き次第予約を」75歳以上に余裕も

社会 友だち追加

65歳~74歳までのワクチン接種券を送付することを決めた札幌市

 札幌市は75歳以上を対象にした集団接種会場の予約状況に余裕が出てきたとして、6月8日から65歳~74歳(約27万8000人)を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種券の送付を段階的に開始すると発表しました。

 接種券は一度に送付せず、74歳から年齢が高い順とし、同封するチラシなどの印刷が完了したものから送付します。

 札幌市の65歳以上のワクチン接種率は10.7%(3日時点)。

 予約状況を巡っては6月2日に開始した3回目の予約が低調で、6月7日から20日までの集団接種の予約枠が7日午後6時時点でインターネットと電話分計1万3365人分残っています。

 74歳以下への接種券送付は当初、6月中旬を予定していましたが、前倒すことで接種を加速させる狙いです。

 札幌市のワクチン接種担当部署は「接種券が届き次第、予約してほしい」と呼び掛けています。

 4回目の集団接種会場の予約受付開始は6月16日(水)午前9時からで、6月21日(月)~7月11日(日)の3週間分、約5万2000人の予約枠を確保しています。

 6月下旬には3か所目となる集団接種会場を札幌市白石区のコンベンションセンターに設置する予定で、7月末までに合わせて約9万7000人分の予約枠が確保できる見通しです。

●65歳~74歳の接種券送付スケジュール
 6月 8日(火)約2万8000人
 6月10日(木)約1万5000人
 6月11日(金)約1万5000人
 6月14日(月)約4万人
 6月15日(火)約6万人
 6月16日(水)約12万人

●さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVI
https://www.city.sapporo.jp/2019n-cov/vaccine/index.html

  • みんテレ