きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

もう44%超 5町村まとめて集団接種 "余市モデル"で加速…6月中に65歳以上の1回目終了見通し

社会 くらし・医療 友だち追加

 65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種は、北海道全体ではまだまだ進んでいません。

 しかし後志地方の5つの町と村では1回目が44.7%(7日時点)と、北海道内では突出して接種が進んでいます。

 接種率が高い理由には、5町村で工夫を重ねた「余市モデル」と呼ばれる方法がありました。この「余市モデル」、広い北海道で接種率を上げる一つのモデルケースとなりそうです。

 接種に来た男性:「(Q:どちらから?)仁木町です」

 接種に来た女性:「すぐそこ(余市?)余市です。町内です。もう覚悟決めて」

 接種に来た男性:「きょうは積丹町」

 接種に来た男性:「古平町からです」

 接種に来た男性:「いつも来ている。近い。すぐです」

 ここは北海道・余市町の新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場です。なぜ、余市町に周辺地域の高齢者が集まっているのでしょうか。

5町村の住民をまとめて「集団接種」

 余市町 斉藤 啓輔 町長:「北後志に関しては『余市モデル』で接種をおこなっているからです」

 「余市モデル」とは余市町と古平町、積丹町、仁木町、そして赤井川村の5町村が協力してワクチン接種をすすめる取り組みです。北後志地域に住む人は誰でも、余市町の会場で受けることができます。

 余市町 斉藤 啓輔 町長:「各町の住民のかかりつけ医が余市町に集中していることがきっかけ。余市町がとりまとめて一斉に接種するのが合理的と判断しこのようなモデルになっている」

 さらに、効率的に進めるため、接種方法にも工夫が…。

 余市病院 吉田 秀明 院長:「一回座ったら動く必要はありません。最低限の動きで済むように設計されています」

 高齢者は会場に入ると椅子に座って待つだけ。打ち手側の医師と看護師が順番にまわって問診し、ワクチンを打ちます。接種後はその場で待機し、問題がなければ家に帰ることになります。

  • みんテレ