きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

BBQ用炭火起こし…カセットボンベ式バーナー炭の箱に入れ炎上・破裂 「消したつもり」70代男性やけど

事件・事故 社会 友だち追加

カセットボンベの破裂当時の状況を調べる北海道警赤歌署

 バーベキューの炭火起こしに使用したガスバーナーのカセットボンベが破裂し、設置していた日よけのタープが燃える火事があり、70代の男性がケガをしました。

 火事があったのは北海道赤平市の住宅の敷地内にあるテラスです。

 6月5日午後2時前、「夫がやけどをした」などと妻から消防に通報がありました。

 警察と消防が駆け付けるとテラスに設置されていた日よけに使う「タープ」などが焼けていました。

 この火事で住人の70代の男性が軽いやけどをして病院に搬送されました。

 警察によりますと火事の発生前、男性は1人でバーベキューの準備をしていて、タープ付近でコンロの炭の火起こしのため「ガストーチバーナー」と呼ばれるカセットボンベ式のバーナーを使っていました。

 その後男性はタープから1メートルほど離れた場所に置いていた未使用の炭が入った段ボールにバーナーを入れて住宅に戻りましたが、段ボールが炎上しているのを確認。

 急いで消火しようと近づいたところ中にあったカセットボンベ式のバーナーが突然破裂し、男性は顔にやけどをしました。

 調べに男性は「バーナーの火を消したつもりだった」などと話しているということです。

  • みんテレ