きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「肉の自動販売機」が誕生…“ジンギスカン”も コロナ禍の新販売モデル

コラム・特集 友だち追加

 6月1日、北海道小樽市に肉の自動販売機が登場しました。

 法律の改正により、販売が可能になったのです。

 コロナ禍で、新しい販売ルートが注目を浴びています。

 安野 陽介 ディレクター:「初めて見ました、こんな自動販売機。『肉の自動販売場』と書いてあります」

 6月1日、小樽市銭函に誕生した肉の自動販売機。

北海道民のソウルフード「ジンギスカン」も!

 北海道民のソウルフード「ジンギスカン」に、鍋にオススメという「合鴨肉」。さらに…。

 安野 陽介 ディレクター:「『馬刺し』ですって。そして、最上級の『日高牛サーロインステーキ』が1980円」

 商品はこの他に、「ホルモン」や「馬肉のユッケ」など全部で13種類。

200円~1980円の肉が"冷凍状態"で出てきます

 価格は200円から1980円までで、冷凍状態で出てきます。(オープニングセール限定商品を含みます)

 設置したのは、隣接する食肉工場を経営する会社です。

 なぜ、このような自動販売機が生まれたのでしょうか?

 ミートショップいとう 伊藤 博史 社長:「6月1日に食品衛生法が改正されると聞いて、スタートしました」 

 元々は、札幌市で精肉店を営んでいましたが、2020年8月に火事に見舞われ、小樽市に移転しました。

常連客からの熱い要望で…

 常連客から、工場での肉の小売りを希望する声が上がっていましたが、食肉販売に関する法律により、できなかったといいます。

 しかし、2021年6月1日の食品衛生法改正により、自動販売機で包装した食肉の販売が可能となったのです。

 ミートショップいとう 伊藤 博史 社長:「コロナ禍で、非対面・非接触での販売が有効だと考えた」   

 コロナ禍と火事のダブルパンチで廃業も考えた中、たどり着いたのが自動販売機の活用でした。

 この取り組みは、同様にコロナ禍で売り上げ減少に苦しむ人たちから、注目を浴びています。

 この自動販売機を製造した会社では…。

 サンデン・リテールシステム 小笠 義幸さん:「ラーメン店やケーキ店など予想していなかった業種から問い合わせも」

焼肉やジンギスカンの「たれ」も販売

 併設する冷蔵用の自動販売機では、「焼き肉のたれ」や「ジンギスカンのたれ」なども販売しています。

 非対面での24時間販売。

 コロナ禍での新しい事業展開は、定着するのでしょうか?

このほかにも「変わり種」自動販売機が

 北海道内には面白い自動販売機が続々登場しています。
 ・地元特産物     :天塩町
 ・冷凍ギョーザ    :札幌市
 ・PCR・抗原検査キット:帯広市

 コロナ禍で感染予防をしながら、注目を集めそうです。

  • みんテレ