きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「純粋に勝負したい」電撃退団 元ヴォレアス古田史郎 北海道からビーチバレー挑戦の真相 #1

スポーツ 友だち追加

◆ クラブからの退団発表

カメラの前で初めて「ビーチバレーに挑戦する」と告白した古田史郎選手

 バレーボール V.LEAGUE ディヴィジョン2(V2)ヴォレアス北海道は、5月27日「選手退団のお知らせ」をリリースし、7選手の退団を発表した。

 古田史郎選手、山口功太郎選手、家近滉一選手、関根俊哉選手、白石啓丈選手、藤村昇太選手、辰巳遼選手の7選手。

 地元・北海道出身の古田史郎選手(33)は、法政大学在学中に日本代表に選出。その後、東レアローズに入団、ジェイテクトSTINGSを経て、2017年、ヴォレアス北海道のチーム創設初年度に移籍。そこから4シーズン、初代キャプテンとしてチームをけん引してきた、文字通り「チームの顔」といえる選手だ。

 今シーズンは開幕前とシーズン終盤、2度にわたる大きなケガに苦しんだが、大分三好ヴァイセアドラーとの、V1・V2入替戦に出場。第1戦は両チーム最多の18得点をたたき出すと、第2戦もあと一歩のところまで迫りながら、惜しくも昇格には届かなかった。

 チームの悲願である「V1昇格」を果たさぬまま、チームを去る決意を固めたのはなぜか。今後はどんな活動をしていく予定なのか。5月31日をもってヴォレアス北海道を契約満了となった、古田史郎選手に話を聞いた。(全3話 第1話)

◆ 2年半前から考えていた退団

古田選手はヴォレアス北海道でオポジットとして活躍

――ヴォレアス北海道退団という発表には正直なところ驚きました。まずは、ここに至るまでの経緯を教えて下さい。

 はい。実は、退団自体は2年半前くらい前から考えていました。ただ昨シーズン、入替戦自体がなくなり、その前の最後のホームゲームもなくなってしまいました。それまでともに挑戦して下さったファンやサポーターの皆さんの前で、元気な姿をお届けできず、V1昇格も果たせませんでした。だから今シーズンはチームに残りました。全力でV1昇格に向かって戦っていくということで、今年は挑んでいたんです。

 今回退団することは、ともに戦ってくれた、ともに退団するメンバーの中では決まっていた、決めていたことでしたので、自分の心の準備はできていました。でも退団の発表後、本当にたくさんの方に問い合わせをいただいて…そんなにも色々と感じて下さっていたのだなと。そこはまだ受け止め切れていないところがあります。ただやめるということに関しては、決めていたことでした。

  • みんテレ