きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「調査応募の撤回を」"核のごみ"文献調査進む北海道寿都町 反対派の町議 町長選へ出馬の意向固める

政治 社会 友だち追加

 いわゆる"核のごみ"の最終処分場選定に向けた「文献調査」が進む北海道後志地方の寿都町で、調査に反対する町議が町長選に立候補する意向を固めたことがわかりました。

 2021年10月に行われる寿都町長選に立候補することを決めたのは、越前谷由樹町議(69)です。

 寿都町では2020年10月、片岡春雄町長が住民から反対の声が上がるなか、いわゆる"核のごみ"の文献調査に応募しています。

 寿都町長選に出馬する意向 越前谷 由樹 町議:「自然に恵まれた寿都町を守っていきたい。"核のごみ"の町にしたくない。(町政が)町民主体じゃなくなっている。調査応募の撤回をしなければならない」

 寿都町長選をめぐっては、4回連続で無投票当選している現職の片岡町長も出馬を表明していて、20年ぶりの選挙戦になる見通しです。

  • みんテレ