きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

夜空に響いた「謎の爆発音」 隕石火球説で決着と思いきや…新たに浮上した可能性と"国防上の問題"とは

天気 友だち追加

複数のカメラに記録された爆発音

 だが、紛れもなく異様な爆発音が町中に轟いたことを防犯カメラは記録していた。

 防犯カメラの映像(ツイッターより)「ドーン!カタカタ…なに?雷じゃない?」

 爆発音は他の複数の映像にも記録されていた。営業中の飲食店では、店員が音に驚く様子も。

 防犯カメラの映像:「ドーン!えっ?地震、地震、地震でしょ、あれ何?今の」

視聴者からも続々と情報が…

 驚いたことにこの爆発音は、札幌市だけではなく、周辺の広範囲から報告された。

 視聴者からのメールにも…。

 「小樽でも爆発音2回ありました」
 「北広島でも窓が揺れ、音も聞きました」
 「岩見沢です。窓が2度バーンと揺れ、カーテンもバフっと動きました」

地震学の専門家が各地の地震計に記録された衝撃波を分析

 その原因にいち早く迫ったのは、地震学の専門家だった。
 
 爆発音がした瞬間、道内各所に設置された地震計が、その衝撃波を観測していたのだ。

北東方向から音速を超える物体が移動していたことが判明

 データを解析した結果、小樽沖に北東方向から"音速を超えた物体"が約30度の角度で移動していたことを突き止めた。

 京都大学防災研究所 山田 真澄 助教(地震学):「音速よりも早く移動している物体であることは確実です。ソニックブームと言われる衝撃波が発生します。沖合を飛行して沖合の海の中に。おそらく隕石とか火球という可能性になるかと思います」

音速以上で落下する隕石・火球の可能性が高まった

 謎の爆発音の原因は、音速を超えて落下した隕石か火球という。

 ならば、映像に捉えられているのではないか…

天文家たちからは隕石・火球説に異論が…

 取材を進めると、爆発音があった時間帯に北海道上空を撮影していたアマチュア天文家にたどり着くことができた。

 ところが…

 アマチュア天文家 木立 しげるさん:「結論からいうと、映ってないんですよ…」

カメラに映っていたのは爆発音観測地の外を飛ぶ通常の飛行機だけ

 これが、北海道上空を捉えたカメラの映像。

 真ん中が札幌上空、丸で囲んだ範囲に写るはずだと言うが…

 爆発音が確認された時刻の映像を見ても、飛行機以外の光は確認できない。

  • みんテレ