きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

千歳市の大型店舗でワクチン"集団接種"スタート…札幌は75歳以上へ「接種券送付」開始

社会 くらし・医療 友だち追加

 "感染防止の切り札"とされる新型コロナウイルスのワクチン接種が、北海道千歳市の大型商業施設で始まるなど、各地で着々と進んでいます。

 接種の担当者:「終わりましたよ」

 接種した人:「痛くはない」

 北海道千歳市では5月10日から、千歳市栄町6丁目のイオン千歳店で、高齢者向けの集団接種が始まりました。

 接種は事前に千歳市内11か所を対象に、65歳以上の各年代別に日にちをずらして電話やインターネットで予約を受け付けていて、10日現在は80歳以上の人が対象です。 

 イオン千歳店では祝日を除く平日のみの対応で、10日は75人に接種を行う予定です。

 一方札幌市でも、約54万人が対象となる65歳以上の高齢者向けの接種が本格化する前に、10日から75歳以上の約27万人を対象に接種券の送付が始まりました。

 札幌市保健福祉局 垣田 和俊 課長:「ワクチンはしっかりと確保しているので、慌てずゆっくりと予約作業を行ってほしい」

 札幌市の予約開始は5月19日からで、約480の医療機関に直接連絡するほか、集団接種を希望する場合は同じく19日から電話またはインターネットで予約することになります。

 函館市の接種予約担当者:「(希望している日は)申し訳ありません、もう予約で埋まってしまった」

 また函館市では、10日午前9時から高齢者向けの集団接種の予約が開始され、用意した1800人分のうち1200人分がわずか3分で埋まりました。

  • みんテレ