きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

札幌で最多251人感染…「まだ増える」専門家警鐘 飲食店午後8時までの"時短"始まる

社会 友だち追加

 札幌の感染拡大が深刻です。過去最多となる251人の感染が新たに確認された札幌では、「まん延防止等重点措置」の適用を待たずに、5月6日から北海道独自の対策が強化されました。

 鈴木 直道 北海道知事:「まん延防止等重点措置の要請は、現行法上知事として取りえる最後のカード」

 鈴木知事は国に対し5日、まん延防止等重点措置を要請しました。

 まん延防止等重点措置の適用は来週になるとみられており、北海道では適用を待たずに、6日から独自の対策を強化しました。

 札幌市内全域の飲食店への時短要請をこれまでより1時間早め、営業時間を午後8時までとし、酒類の提供を午後7時までとします。

 仕事で札幌に来た人:「意味あるのかな。帰る時間で一緒になるので密になるのでは」

 札幌市民:「仕方がない。感染増えているから。感染させないよう、しばらくみんな辛抱すればいい」

 対策強化の矢先、札幌では6日、過去最多となる251人が新たに感染。

 この他、北海道内では新型コロナウイルスの患者5人の死亡が確認され、新たな感染者は旭川市で13人、石狩地方で33人など合わせて320人が確認されました。

 北海道内では5月の連休中、2日に過去最多324人が確認され、札幌でも200人を超える日が続きました。

 この感染拡大の要因の一つとみられているのが変異ウイルスです。北海道内では「感染疑い」の患者が札幌の56人を含む64人が確認されています。

 また新たなクラスターは、札幌の「運輸会社の社員寮」で29人、「通所介護事業所」で12人がそれぞれ確認されました。小樽市でも「小樽桜陽高校」で5人が感染し学校閉鎖となっています。

北海道全体で過去2番目320人の感染者…「まだ増える」との指摘も

 札幌で過去最多251人、北海道全体としても過去2番目の数となる320人が確認されたことについて、北海道医療大学の塚本容子教授は、「連休中で検査が受けられない人がいることを考えると、今後の感染者はまだ増える恐れがある」と指摘します。

  • みんテレ