きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「半袖でも寒くない」2021年初の20℃超でぽかぽか…今後は"黄砂・PM2.5"飛来

友だち追加

 5月6日の北海道内は各地で2021年一番の暖かさとなり、札幌では2021年初めて最高気温が20℃を超えました。 

 季節外れの暖かさは5月7日も続く予想ですが、黄砂やPM2.5には注意が必要です。

 吉井 庸二 記者:「札幌の早咲きの桜は、葉桜になってしまいましたが、こちらでは早くもライラックが咲いています」

 5月6日の北海道内は、南からの暖気と強い日差しで気温が上がり、84地点で2021年一番の暖かさとなりました。 
 札幌市中央区では、23.1℃と、2021年初めて20℃を超えました。

 札幌市民:「全然半袖でも寒いとは思わない」

 札幌市民:「(散歩に)もう少し遅く来ればよかった。(イヌは)黒いから暑いんです」

 (Q:暑いですか?)
 イヌ:「ハアハア」

 5月7日は、オホーツク海側で2021年初めて25℃以上の夏日になる予想で、季節外れの暑さが続きそうです。

週末にかけて「黄砂」が飛来する予想

 7日から9日にかけて、北海道の広い範囲に黄砂、PM2.5が飛来する予想となっています。特に8日土曜日は「非常に多い」とされています。

天気がよくても「洗車」はガマンを…

 シラカバ花粉も飛散しています。今後の注意点です。
・洗濯物は「部屋干し」に
・薬や目薬も活用を
・換気は「フィルター付きの換気扇」活用を
・洗車は週明け以降に

  • みんテレ