きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「終電繰り上げ・修学旅行の当面見合わせ」…"まん延防止"適用に備え札幌市長検討を指示

社会 友だち追加

札幌市の対策本部会議(2021年5月5日午後5時30分すぎ)

 札幌市の秋元市長は5月5日、感染症対策本部会議で、北海道が国へ「まん延防止等重点措置」の適用の要請を決定したことを受け、今後適用された場合に平日の地下鉄など終電の繰り上げや、市立学校の修学旅行を当面見合わせることなどの検討を進めるよう指示しました。

 北海道では4月23日に国に「まん延防止等重点措置」の適用を申請する目安とする人口10万人あたりの1週間の新規感染者が「15人」を超えていて、5日の北海道の対策本部会議で正式に国へ要請することを決めました。

 国の適用を待たず、市内の飲食店への時短要請を午後8時へ1時間繰り上げることや、夜間の照明を午後8時で消灯することなどの要請も決めています。
 
 札幌市の対策本部会議では、「まん延防止等重点措置」が適用された場合の対応を検討するよう秋元市長が指示しました。

・平日の地下鉄など終電の繰り上げ、週末や休日の減便
・市立学校の修学旅行など課外活動の当面見合わせ

 札幌市では5日に「医療非常事態宣言」も出されていて、感染拡大防止へのより強い措置が検討されています。

  • みんテレ