きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「怖い」公園も野球場もある住宅街付近で"クマ"目撃…子グマか ごみ持ち帰り徹底を

事件・事故 社会 友だち追加

 付近の住民に不安が広がっています。 

 5月3日、住宅街に近い北海道札幌市南区の河川敷でヒグマのような動物が目撃され、札幌市が注意を呼び掛けています。

 目撃した人:「今の犬?でも絶対違うと思った。足の太さが明らかに太くて」

 三上 侑希 記者:「目撃者によりますと、こちらの石垣を駆け下り川へ向かっていったということです」

 目撃されたのは札幌市南区石山の「藻南橋」付近です。近くには高齢者施設や石山通沿いに住宅街が広がってます。

 目撃者によりますと体長100センチほどの子グマとみられ、5月3日午後6時ごろに林に入る姿が目撃されて以降は目撃情報はありません。

 現場近くには野球場や公園もあり、不安が高まっています。

 野球をしていた人:「怖いですね。近くで野球をやっているので。野球をやっている途中で、もし(クマが)出てきたらと思うと怖い」

 公園の利用者:「いま知らなかったからくつろいでいますけど、怖い」

 公園の利用者:「(Q:自転車でクマに遭遇したら?)心臓が止まるかもしれない」

 札幌市南区でのクマの目撃は4月からすでに5件目で、札幌市は4日現場の状況を確認し、注意喚起の看板を設置しました。

 札幌市では1人で山に入らない、周辺にごみを捨てないよう呼びかけているほか、付近の住民らにメールで目撃情報を通知するなど対策に追われています。

  • みんテレ