きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道の鈴木知事「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請へ "過去最多"感染の札幌市長からの要請受け

政治 くらし・医療 友だち追加

会談後、記者団の質問に応じる鈴木知事と秋元市長

 札幌市で5月2日、過去最多となる244人の感染を確認したことを受け、札幌市の秋元市長は3日、北海道の鈴木知事と会談し「まん延防止等重点措置」の適用について国との協議を加速するよう要請しました。

 会談後、鈴木知事は「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請することで札幌市と認識が一致したことを明らかにし、今後専門家の意見を聞いた上で、早ければ5日にも国に正式に要請する考えを示しました。

 一方で適用には時間がかかることから、様々な感染対策を前倒しして実施していく方針を示しました。具体的には札幌市内の飲食店に対する営業時間の短縮要請を午後9時から午後8時に早めることや、経済界などに対しテレワークや時差出勤の徹底を呼び掛けるとしています。

 5日に札幌市内で予定されている「五輪テストマラソン」について予定通り実施するのか記者団から問われたのに対し、鈴木知事と秋元市長は、実行委員会に緊急の申し入れをし感染対策の徹底などを要請するとともに、市民に対しては、沿道での応援を控えテレビで観戦するよう訴えました。

  • みんテレ