きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

女子プロレスラーが東京から北海道へ移住 コロナ禍で試合激減…新天地の初試合に密着

コラム・特集 友だち追加

 理由は、コロナ禍による環境の変化でした。

 この春、東京から北海道へ移住した女子プロレスラーがいます。先が見通せないことから一時は引退も考えた彼女の、移住後最初の大会に密着しました。

 2021年3月、東京から札幌市に移住した女子プロレスラー神田愛実選手(26)。

 神田 愛実 選手:「雪すごいですね。めっちゃ、写真撮りました」

ミニオンが大好きな神田選手

 ミニオンをこよなく愛する26歳。身長152cm、体重54kgです。

 神田 愛実 選手:「18歳までずっと大分県で育って、プロレスラーになるために上京したんです。東京に出てきてしばらくは、新人だったのもあって何もできなかった。すごく強いレスラーばかりとシングルマッチをしていて、試合終わって泣いていたイメージしかない」

 神田選手は東京でフリーのプロレスラーとして活動してきました。しかし、コロナ禍で試合数が激減したのです。

 神田 愛実 選手:「今までノンストップでずっと毎週試合をやっていた。それが急にゼロになって、3~4か月間も試合をしなくなったら、今後をちゃんと考えるようになったんです。そんな中、『北都プロレス』に呼ばれるようになって」

 一時は引退を考えていた神田選手に声をかけたのが、北海道を中心に活動する「北都プロレス」でした。

大会に向け練習に励む神田選手

 神田選手は移住を決意。札幌市で清掃業のアルバイトをしながら、大会に向けチケット売りや馴染み客への挨拶回り、そして練習に励みます。

 「北都プロレス」のクレイン中條代表は彼女に期待します。

神田選手は、「北都プロレスの太陽」のような存在。

 北都プロレス クレイン 中條 代表:「北都プロレス女子レスラー1号です。目配りや気配りを、気づいてやってくれていますよ。本当に北都プロレスの太陽です。それだけに『ありがとうSUN』という感じですね」

2021年初の試合となる開幕戦。神田選手の対戦相手は、チャンピオン

 初の試合となる2021年の開幕戦が、北海道釧路町で行われます。

 神田選手の対戦相手は何とチャンピオン。強敵との試合の結果は?

 会場は通常、観客定員250人のところを、感染防止のため100人にまで減らしての開催となりました。

 神田 愛実 選手:「直前ですよ。こんなのんきにしゃべっているけど、ドキドキしています」

 神田選手、今回の相手とは今まで何度も対戦したことはありますが、一度も勝ったことがありません。

 対戦相手 SAKI 選手:「お互い団体を背負う者同士、プライドをかけて戦いたいと思います」

 序盤はペースをつかみますが、流れは百戦錬磨のチャンピオンへ。しかし、移住後初試合。負けるわけにはいきません。

 神田 愛実 選手:「行くぞー!」

 得意技の「フライングボディアタック」で流れを有利に引き戻します。

 北都プロレス クレイン 中條 代表:「最近、特に動きの良い試合をしていますので、ひるまずに頑張ってほしい」

神田選手の挑戦は続く…

 しかし、さすがチャンピオン。一瞬のスキをついて神田選手をマットに沈めます。

 神田 愛実 選手:「高い壁でした。自分は自信がなくてコンプレックスの塊だったんですけど、北海道に来てから『元気になる』、『明るい』と言ってもらえて、自分の魅力に気づけた。北海道に来て大正解です。幸せですね」    

 コロナ禍に端を発した神田選手の挑戦は、まだまだ続きます。


 試合の模様は動画でお楽しみください。

  • みんテレ