きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"信号設備から煙"噴き出す…「札幌市電」運転見合わせ 復旧めど立たず バス輸送始まる

事件・事故 社会 友だち追加

 5月1日午後、札幌市電の「すすきの停留場」で配電盤が焼けるトラブルがあり、一部区間で運転を見合わせています。

 配電盤と信号機から激しく煙が噴き出しています。 

 1日午後4時30分すぎ、札幌市電の「すすきの停留場」で配電盤の一部が焼けました。

 札幌市交通局によりますと、煙が出る約30分前に停留場の信号が消え、担当者が手信号で市電を運行していたということです。

 このトラブルで「西4丁目」から「東本願寺前」まで運転を見合わせていて復旧のめどは立っていません。午後8時10分からバスによる代替輸送が始まっています。

  • みんテレ