きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

オンラインで”メーデー”「安全に働き暮らせる社会の実現へ」連合北海道がコロナ偏見・差別の改善訴える

政治 社会 道内経済 くらし・医療 友だち追加

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、道内の労働組合でつくる連合北海道はオンラインで「メーデー」を実施しました。

 連合北海道 藤盛 敏弘 事務局長 : 「ウィズコロナ時代を乗り越え、アフターコロナ時代の希望あふれる未来を作り出していく。以上宣言する」

 札幌・大通公園で行われた大会には連合北海道の幹部などが参加し、組合員を動員せず、オンラインで配信となりました。

 連合北海道の杉山元会長は「新型コロナウイルスは経済・社会に大きな混乱と危機をもたらしている。働く者・生活者が、安心・安全に働き、暮らすことの出来る社会の実現に取り組む」と新型コロナの偏見や差別に対しての改善なども訴えました。

  • みんテレ