きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【コンサドーレ】ミシャ監督 負傷者の多いチーム状況を嘆くも「引き続き有利な状況」

スポーツ 友だち追加

ドロー決着も「前向きに捉えたい」と語ったペトロヴィッチ監督

 JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第4節が4月28日に行われ、北海道コンサドーレ札幌は札幌ドームでアビスパ福岡と対戦し、1対1で引き分けました。

 勝利でグループステージ突破が決まっていたこの一戦の試合後、北海道コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督(63)がインタビューに応じました。

 この試合については「きょうのゲームは良い入りができて、多くのチャンスをつくることができた。本来であれば前半のうちに同点に1、2点をリードしなくてはならない展開。後半に入っても比較的良い入り方ができたが、ケガ明けの選手がまだまだ本調子ではないのが改めて見えた試合だった。非常に悔しい結果ではあるが、勝ち点1をとれたことを前向きに捉えて次に向かいたい」と連戦が続く中、負傷者やコンディションが上がりきっていない負傷明けの選手が多いチーム状況を嘆きました。

 ミシャ監督も「引き続き有利な状況」と話すJリーグYBCルヴァンカップ、コンサドーレは5月5日(水・祝)に札幌ドームでサガン鳥栖と対戦。この試合に勝利すれば、他会場の結果に関係なく、グループステージ突破が決まります。

  • みんテレ